思わず絶句!?エアコン業者の雑な仕事!

雑記
スポンサーリンク

はい、アメトピ確定タイトルです。(出オチ
まあこのブログ、amebaじゃなくてWordpressですけどね。

よくわからなかった人はスルーしていただければと…(´∀`;)

しばらくブログを書いていなかったのですが、理由はノートパソコンのキーボードがぶっ壊れたためです。
文字を打っていると勝手にバックスペースされ、しまいには書いた以上に文字が消えてました。
とりあえず応急処置的にワイヤレスキーボードを購入しましたが、いずれ直したいなあ…

では出オチも終わったところで早速本編入りましょう。

今回はエアコンの施工で気になった点がありました。
以下の画像をご覧ください。

うん…なんかパテの施工雑じゃね…?

空気漏れてそうな雰囲気があったので、試しに温湿度計(みはりん坊)を当ててみました。

気温こそ低いけど絶対湿度17はちょい高いですね。
手を当てると風が入ってくるのを感じます。

同じ時間の別の場所も計測してみました。

うん、配管の隙間よりも絶対湿度が低く出ている…
隙間風が入っているのは間違いなさそうです。

というわけで、今回はエアコン配管の穴を埋めるDIYをすることにしました。
その一部始終を記事にしたいと思います。

ちなみに自己流なので真似をして何かあっても責任は取れません(´∀`;)
やる場合は自己責任で!

スポンサーリンク

隙間を埋める準備

さて、隙間を埋めるにあたって、必要な道具を揃えてきました。

スプレー缶タイプの吹付発泡ウレタンと、エアコン配管用のパテです。
どちらもホームセンターに行けば売っています。

発泡ウレタンはクロセ家の断熱材と同じアクアフォームを購入したかったですが、売っていなかったので適当なものを選びました。
同じような製品なら何でも問題ないと思います。
エアコン配管用のパテは一応2個買いましたが、1個で十分でした。

合計で1000円いかないくらいの値段で購入できます。

隙間を埋めるデメリット

エアコン配管のスリーブ内に発泡ウレタンを吹き付けるデメリットとして、エアコン交換時に取り出しにくいというのがあるそうです。
ただし、外しにくいだけで取り外すことはできるようなので、気にせずDIYを実施することにしました。

パテで配管の隙間を埋めること自体はとくに問題なさそうです。

作業の様子

まず最初に穴の入り口にあるパテを指で外します。

パテ自体は粘土のように柔らかいため、取り除くことは容易です。
素手で触るとべたつきが残るので、気になる方はゴム手でも付けておきましょう。

パテを取り除いたら発泡ウレタンのノズル先端を穴の中に突っ込んで吹き付けます。
業者によってはすでに吹き付けてある場合もあるようですが、クロセの場合はそんなことされていませんでした。

ここで1点注意があります。
発泡ウレタンはその名前の通り、吹き付けた後に発砲して膨らんでいきます。
ちょっと足りないかな?なんて吹付まくるとこうなります。

めっちゃ穴からはみ出とるが!
未確認生物かなにか?(すっとぼけ

こんなことにならないように、追加で吹き付けるときは膨張がおわったことを待ってからがおすすめです。
また、ウレタンはしばらくすると固まってカッターで除去しやすくなります。
余分なウレタンは少し時間をおいてから除去しましょう。

ウレタンの施工が完了したら次は配管用のパテです。
パテはくっつける前に軽くこねておくと柔らかくなってつけやすくなります。
また、太さ指2本分くらいの棒にしておくと配管にぐるっと巻き付けるように付着できます。

パテ付着後の様子はこんな感じです。

吹付ウレタントラブルの痕跡が所々に残っていますね…(´∀`;)

なにはともあれ、これで施工完了です。
施工前は指を近づけるとかなり強く隙間風を感じましたが、施工後は全く感じなくなりました。

全体でみたら微々たる影響かと思いますが、こういうのが積もって大きい影響になるので、塞いでおいて正解でしょう。

終わりに

今回はエアコン配管の隙間埋めの様子を記事にしました。

途中、発泡ウレタンが予想以上に膨張するトラブルがあったものの、施工自体はかなり簡単です。
道具もホームセンターにあるものかつ安価で購入できます。

あなたのお家のエアコン配管は問題ないでしょうか?
気になった方は今すぐチェックしてみましょう!

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

雑記
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

  1. コスワース より:

    ついにクロセさんもDIYに手を出しましたか(ニッコリ
    我が家もエアコン工事の際はスプレー缶ウレタンフォームを持って後ろでスタンバってましたww
    見えにくい場所なのでしっかり工事してもらいたいですね〜

    • クロセ クロセ より:

      コスワースさん

      これぐらいのDIYなら軽いもんですね~。
      実は棚もDIYしているのですが、棚板を買うのをめんどくさがって稼働棚のレールだけスタンバっています(´∀`;)
      今回DIYをしたエアコン以外の2台は正面付で配管が隠されていたので、断熱されていないんですよね~。
      自分で外すのも怖いですし、次回交換時に私もスタンバってますかね笑

  2. にゃん より:

    初めまして アイ工務店を神奈川で検討中です。
    とても参考になります ありがとうございます。
    エアコンって付いてる物だと思ってました。
    自分で穴を塞ぐものなんですね😅
    室内内装の良し悪しもブログにありますか、、?
    まだ全部見きれてないので探してみます😄

    • クロセ クロセ より:

      にゃんさん

      エアコンですが、私の地域では標準ではついていませんでした。
      お願いしたらつけてもらえますが、価格は家電量販店のほうが安いですね~。
      家電量販店の業者の場合、パテ埋めはしてくれますが、ウレタンで穴の中の断熱はしてくれないと思います。
      内装については、以下のページが参考になるかなと思います。
      https://klosemyhome.com/floor-wallpaper-etc/
      可もなく不可もなくって感じですね。
      床材は合板のフローリングの中でも、そこそこいいのを使っていると聞いています。

タイトルとURLをコピーしました