積水ハウスさんとの打ち合わせ&見積もり

注文住宅日記
スポンサーリンク

早速ですが、積水ハウスさんと要望・間取りを打ち合わせてきました。
クロセが出した要望は以下記事を参照


実際にはこれより細かく出していますが、大体同じような感じです。

ちなみに積水さんは鉄骨と木造どちらも対応していますが、
今回クロセが相談したのは木造のシャーウッドと呼ばれるお家です。

スポンサーリンク

1回目

見積もり

1回目ですが、さっそく結論から言ってしまうと

予算大幅オーバー!(TT)

営業の対応スピードとか間取りの提案とかは素晴らしいんですがね・・・
建物の予算2800万に対して見積もり額は…

延床30坪程度で外構と消費税込み3600万!!
当時は1800万くらいの土地を検討しており、含めると5400万くらい。

さらにそれらに含まれていない費用も今後発生するようで、
正直、現時点では全く持って無理というのがクロセの見解です。

打ち合わせ内容

積水ハウスさんからは色々と高い理由が説明されました。
具体的には下記のような感じですね。

・初期投資額は高いが、積水ハウスは30年無償でアフターケアするので、
 今後修繕費のために積み立てる金額を考えると結局大きくは変わらない
ローン控除の観点で言えば、高いものほどより多く控除されるため、
 前述のアフターケアと合わせるとお得
・見積額は一番いいグレードで計算しているので、実際にはもう少し下げられる
総2階にしたり、間取りを少し変えることでもう少し安い価格を提案できるかも

ただ、話をしている感じ無理だなあというのが正直なところです。
間違いなく使っているものはいいでしょうし営業さんの対応もいいんでしょうけど、
なんでもかんでも費用をかけていられるほどクロセはお金持ちではありません(–;

ベルバーンの壁とか内装のセンスとかはすごくいいんですけどねー。
ただ、クロセ夫婦はデザインに関しては三の次くらいという共通認識なので、
無理してまで借金する気はありません。

ちなみに今回たまたま住宅相談のキャンペーンがやっており、
こちらが検討中の土地の測量図を渡すことで、
目の前で設計士さんが間取りを書いてくれるというサービスを受けられました。

具体的に形になることで、よりイメージが湧いてくるので、気になった方は調べて相談を受けに行くのもいいと思います。
当然営業は入りますが。

2回目

見積もり

2回目の打ち合わせでは値下げがあるのかなあと考えていました。
実際には値下げはなく、むしろ値上げされました。
Σヽ(゚Д゚○)ノ

前回が建物+土地+外構なんかを含めて5400万くらいの提示でした。
今回はさらにそこから300万ほど上乗せしたデザインを提示してきました。

つまり、土地+建物+諸経費で5700万ですね。
加えて土地代が200万ほどアップしたので5900万です。

打ち合わせ内容

間取りを確認すると不要なところにあえて角を作って、見た目にインパクトを持たせてきた感じです。
ちなみに角が増えるような間取りは単純にコストアップになります。

しかし、今回積水さんはあえて多少コストがかかってもより良いデザインで勝負をかけてきた感じです。
競合他社とコストで勝負しても勝てないという判断でしょう。

クロセはそういうの嫌いじゃないです!

積水さんの信念というか真剣さというか、全力を尽くすという姿勢が見て取れました。3Dで書いた図も見ましたがいい感じに仕上がっています。

積水さんとしては最初に一番高い見積もりをぶつけたうえで、
後々間取りを詰めていく中で安いプランに修正していきたいそうです。

でもどうせシャーウッドで建てるなら全力の提案でやりたい。
外壁はベルバーンにしたいし間取りもそのまま採用したい。

ローンはおおよそ月14万ぐらいになるとか。
うーん、めっちゃ残業しないと無理ですね。

営業さんからも「正直いかがですか?」と聞かれたので、
本心として「素晴らしい提案だけど予算面が厳しい」とお伝えしました。

一応営業さんにはコストだけでなく提案力やアフターケアなど、総合的にみて判断させてもらうと伝えました。
これは嘘偽りのない本音。
その面を含めてもやっぱり厳しいと思いましたけどね。

3回目

見積もり

打ち合わせは今回で最後でした。
積水ハウスさんが出してきた最終見積もりですが…

建物代+土地代+諸経費含めて5700万!
わ~お高ーい

ちなみに元値は5900万でしたが、私の会社との提携割引やベルバーンを使うことを条件とした割引、加えて端数を引いて200万強の割引だそうです。

また、近くの展示場が今年で建て替えるということで、そこで撤去する家具も
何かしらプレゼントしていただけるとのこと。

打ち合わせ内容

それでもまだまだ高ーいということでここで積水さんから総2階の提案が。

総2階にすることで外観の形状はやや面白みに欠けるものではあるものの、使用する外壁材と角部材の量が大幅に低減されるためかなり安くなるとのこと。

設計変更や、様々な部分のグレードダウンで200万の値引きに追加して400万ほど安くできるとのこと。

つまり、建物代+土地代+諸経費含めて5300万!
その場合、いろいろなものをあきらめる必要があるので自由度はほとんどないですけどね。
こちらが望むほど高断熱にもならなそうですし。

ということで、3回目の打ち合わせが終わりました。

なぜ積水ハウスに見積もりをお願いしたか?

そもそも、クロセの希望が高断熱・高気密であるのにも関わらず、
なぜそれを売りにしていない積水ハウスさんを候補としたのか?

それは単純なもので営業さんの対応がすごく良かったからです。
積水ハウスさんは坪単価が高いというのはもともと聞いていましたし、
モデルハウスに見学した時も冷やかし半分で見に行きました。

ただ、その後の連絡の早さはもちろん、土地がないと知った時の行動力など、
担当された営業さんの対応にひかれてたため、話を聞いてみました。

現実にはただ時間を浪費させてしまうだけになってしまいそうですが・・・(^^;;

ただ、こういった行動の速さがトップクラスのメーカたる理由だろうなーというのは
肌で感じることができました。

まとめ

積水ハウスの見積もりをまとめると以下のような感じです。

 ・延床面積30坪で建物代+土地代+諸経費で5700万程度
 ・ハイグレードの仕様であり、そこから400万ほど値下げ可能。
 ・
予算的にいろいろ自由にするのは難しそう

営業さんが熱心なのは伝わりましたが、予算が全く足りません。
断熱性もクロセが求めるものからはちょっと足りないという印象です。

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

注文住宅日記 見積もり
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

  1. […] 積水ハウスさんとの打ち合わせ&見積もり①積水ハウスさんとの1回目の見… […]

タイトルとURLをコピーしました