消費税が増税しましたが

雑記
スポンサーリンク

10月になりようやく気温も少しずつ下がりそうな気配を見せています。

ただ、こちら京都ではいまだに木が紅葉をする気配を見せず、
青々とした葉を付けております。

ここ数年、京都の紅葉は緑と赤がまばらになっており、
なかなかポスターのようなきれいな景色になりません。
今年も同じような景色になってしまいそうですね。

今回は消費税についてです。

10月から消費税増税が開始されましたが、
皆さん必要な買い物は済んだでしょうか?

私は増税前の駆け込み時期には
全く買いだめなどしませんでした。いつも通りです。

今回はその辺の話とか言いたいことを
大した知識もないくせに
言いたい放題言っていこうかなーと思っています。

一部の人は気分を悪くしてしまうかもしれないことを
事前にお詫びしておきます。

あと家のことがメインじゃないのっで
#家系ブログを盛り上げる会のハッシュタグはつけておりません。

実際消費税増税てどうなの?

消費税増税で辛いと世間的には言われているようですが、
高々2%でそんなにつらいか?というのが正直なところです。

いやまあ会社のお偉いさんは商売的につらいかもしれないですが、
僕のような平社員には変わらない日常にしか感じないです。

何やら日用品買いだめなんて話もよく聞きますが、
それでできる節税なんてせいぜい数百円程度。

それどころか、増税後も消費が冷え込まないように値引きされており、
増税後のほうが安く買えることのほうが多いです。

つまり、駆け込み購入した人は大体損してます。
日用品だけでなく、家電なんかもほとんどそうです。

消費税増税前にまとめ買いするというのは、
投資的な観点でいうとめちゃくちゃリスク取りに行く行動です
もう少し冷静になったほうがいいですね。

更に言うと、今はキャッシュレス還元が進められており、
これを利用することでさらに安く買えます。

割とマジで増税前にがっつり買っちゃった人
全員損してる。

ツイッターなんかでもなんかいろいろ意見見かけますが、
「幼稚園が無償化しても増税のせいで日用品が高くなっている(><)」
というツイートを見たときはさすがに目ん玉が飛び出ました。

飛び出た目ん玉は食べたので夏侯惇になりました。
(夏侯惇を知らない人は蒼天航路という三国志の漫画を読んでください。)

幼稚園て月々2万円くらいかかるわけですが、
この人は日用品を月100万も購入するんでしょうか?

そんなにお金があるなら
生活に困らないと思いますよ(´∀`;)

他にも子供がいる世帯にはプレミアム商品券の還元もありますね。
なんとなく子世代への還元を意識している気がします。

え?家や車ぐらいの大きい買い物の場合、
数万~数十万ぐらいの差が出るから増税前のほうがいいって?

本気でそう思っている人はもう少し調べることをお勧めします。

家については増税対策に以下のような政策が実施されています。

 ・すまい給付金の範囲拡大
 ・次世代住宅ポイントの付与
 ・ローン控除の年数を13年に
 ・etc…(知らん)

このなかでもローン控除の年数延長がでかいですね。

まず前提としてご存じない方もいると思いますが、
土地って消費するものではないので消費税がかからないんです。

なので、家に対してのみ消費税の増税分がのるわけですが、
土地の金額を含めたローンが控除されるんですよね。

(建売とか建築条件付きの場合はどうなっているかわかりませんが)

そんなわけで家の購入金額次第では
増税後のほうがお得だったりします。

自動車についても実は自動車税が減税されます。

軽自動車は減税されないようですが、
比較的排気量が少ない自動車が特に減税されるので、
2%程度の増税なら相殺されそうです。

あ、けど排気量が高い車はほとんど減税されないので、
増税前に購入したほうがお得です。

排気量の高さ=値段の高さ、環境破壊の原因というわけで、
あまり優遇したくないってことでしょうかね。
軽自動車は増税後も変わらないですが。(;´Д`)

あとブランド物のバッグや宝石類は増税前のほうがいいですよ。
趣味嗜好品は買う層が限られているから値下げなんてしないですからね。

こういったこともあり、私は日常では増税に対して何も感じていません。
いや、むしろ増税後のほうがお得に感じてます。

消費税増税の意味

ここからは知識がないなりに考えたことを述べてみます。

世の中的には消費税増税に反対の声も多いわけですが、
クロセ的にはそこまで反対ではありません。

消費税の特徴として、
日本国民全員に対して平等に課税されるというのがあります。

これはどういうことかというと、
働いている人だけでなく、
働いていないご老人からもとれるし、
法人税を節税している会社からも取れます。

少ない年金が…なんていう声もありますが、
そういう人たちのためにキャッシュレス還元を国が進めています。

キャッシュレスの利用で還元される場所では、
実質増税前より安く購入できます。

老人がいまさらキャッシュレスに適用できない
なんて言う意見は知りません。
頑張って適用してください。

幸いクレジットカードでも還元されますし、
それなら使えるでしょう。

話がそれましたが、この平等に取れるというのが
大きいと考えています。

それ以外の税金てほとんど特定層がつらいんですよ。
所得税なんて増やされたら労働層がもれなく辛いし、
法人税を増やしても大手は優遇されており、
割を食うのは大体中小企業。

まあ、大手が節税できないようにもっと縛りきつくしろとは思うのですが、
それをやると大手は結局海外に逃げてしまうんですよね
だからあまりがちがちにもできない。

ただそもそも消費税増税しなければならないほど国にお金はないんでしょうか?
という疑問はありますよね。

国債は多い様子ですが、国の資産も実はかなりあるので、
経済破綻なんて笑わせるななんて経済評論家さんもいるようです。

集めたお金も上手に使えているんですか?
オリンピックのグダグダを見ていると、
めちゃくちゃ下手な使い方をしてるようにしか見えないんですが。

まあ、そこはまた別な話だからいいや。

話を戻しまして。
結局特定層に負担が行かないように、
老人からも大手からも平等にお金が取れる
消費税を上げているんだと思います。

増税が原因で景気が冷え込むなんて言われてますが、
(実際過去には冷え込んでいる)
結局必要なものは買わなければならないですし、
今回は以前の増税と違いいろいろと還元により、
景気対策をしています。

むしろ税を下げるといった場合、
下がるまでは当然消費を控えるし、
下がった後も継続的な消費の増加ってないでしょ。

結果、国は何も政策がうてなくなります。

とはいえ実際に消費税を下げて効果を上げている国もあったので、
試してほしいもんですがね。
実質的な平均給与が低い日本でやってもダメな気がしますが。

消費税増税後に数兆円かけて景気対策をするといったとき、
じゃあ消費税下げろよという意見が多数見られましたが、
それでは結局消費が増えずにじり貧なのではないでしょうか。

良くも悪くも能動的に経済を回すには、
増税して、若い世代に還元する必要があって
だから老人からもお金を取れる消費税増税なんだと思います。

その政策の一環が幼稚園、保育園の無償化やプレミアム商品券ですね。
特に無償化は子供一人当たり年間20万近く補助される計算になります。
これはめちゃくちゃ大きいですね。

え?うちは子供いないから関係ないって?
じゃあ我慢してください。子供いないから大丈夫でしょう。

いや、ほんとこれで不平等っていってたら
日本の景気は一生良くならないですよ。

結局経済を安定させるには下の世代が育たなきゃいけないですからね。
子供を産まないのは勝手ですが、
子育てとその応援や補助を邪魔するのだけはマジでやめてください。

ちなみに出生率が下がっているともいわれていますが、
実は結婚した人に絞ると出生率は増えているらしいです。

なので正確にいうと出生率が下がったというか、
そもそも結婚しない人が増えたって話らしいですね

あと人口が多い世代が子供を産めない年齢になっているのも理由とか。

長期的なスパンで見ると結婚した人の出生率自体は、
民主党が与党だった時代から増えているみたいですよ。

特殊合計出生率の推移でそのあたりは見れると思います。

なので、国にはこれからも、
子育て世代を補助する政策に力を入れてほしいですね。

経済についてはもっといろいろ知りたいので、
ここでもツイッターでも教えてくれると嬉しいです。
ついでに中立的に経済を評価している本とかあれば紹介してください。

家も金も勉強が大事

まあいろいろ好き放題言いましたが、
家もお金も勉強が大事ですね。

国って制度は用意しているんですけど、
基本的に不親切なんですよ。

多分お金を使いたくないから。

けど勉強することで世の中には結構得することが多いと思います。

増税の景気対策で実施されている政策はもちろんですが、
最近だと拠出型企業年金保険とかiDdeCoは有名ですね。

積み立てNISAとドルコスト平均法でローリスクな投資ができたり、
ふるさと納税なんて言うのもあります。

保険も実は貯金で賄えるなら不要とか、
三大疾病だけにしておけとか聞きますね。

少し前に読んだ「敗者のゲーム」という本が、
投資の基礎を学ぶのになかなか良かったので薦めておきます。

そして家についても実は補助金制度は結構ありますが、
それも自分から調べに行かないとなかなか気づきません。

また、自分で勉強しないと無駄な金で低性能の家を買ってしまったり、
自分が希望するような家を買う方法さえわからない。

けど本当にちょっと勉強するだけでも変わると思うんですよ。
それこそ本を1冊読むだけでもだいぶ違うと思います。

で今回は増税をきっかけにその影響とか過去はどうだったとか調べたり、
なぜ消費税増税なのかを考えてみました。

ブログに書いたのは一応そのアウトプットのためですかね。
勉強てとりあえずアウトプットが大事らしいですから。

今後もなんかきっかけとか疑問が出たら、
面倒くさがらずに自分なりに調べて考える癖をつけたいですね。

では。


クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

雑記
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました