Web内覧会⑤【子供部屋・主寝室】

Web内覧会
スポンサーリンク

Web内覧会第5回です。
内覧会は今回で以上になります。

内覧会一覧はこちら。
Web内覧会①【外構・玄関・1F廊下】
Web内覧会②【LDK】
Web内覧会③【洗面所・風呂】
Web内覧会④【2F廊下・トイレ・ハーフ収納・スキップフロア】
Web内覧会⑤【子供部屋・主寝室】

スポンサーリンク

子供部屋

子供部屋は2階に上がったすぐ右側にあります。

広さはどちらも5帖+クローゼットの部屋で、左右対称です。
今のところ使う用途はなく、空き部屋になっています。
1つは間違いなく息子の部屋になりますが、2つ目を使うことはあるのかな?

反対側から見るとこんな感じです。

子供一人分のクローゼットとしては十分なサイズかと思います。

コンセントの高さもちょっとだけ工夫をしています。
以下の赤丸箇所はコンセントの位置です。

手前側はテレビのコンセントです。
60cmくらいの高さにすることで、抜き差しをしやすくしています。

奥側は机用に設けたコンセントです。
80cm程度の高さになっており、机を置いてもその上にコンセントの口が来るようにしました。

こちらは同じ部屋の反対側のコンセントです。

上にあるのはエアコン用のコンセントです。
必要になるかはわかりませんが、念のためにつけています。

下にあるコンセントはベッド付近で使うコンセントです。
ベッドを置いたときに、その上にコンセントの口が出るようにしました。

主寝室

これが最後の部屋です。

主寝室入ってすぐの視点ですが、手前にある扉はWIC(ウォークインクローゼット)です。
WICの中はこんな感じになっています。

ちょいとごちゃついていますが、服や布団、海外用のカバンなど全てここに詰め込んでいます。
左側にある白い棚はサービスでつけてもらったDAIKEN製のカンタナです。
他のハンガーパイプや棚はアイ工務店でお願いできる造作です。

WICにもコンセントを1つ設置しているので、掃除機などを追加で購入した際は、中で充電をすることが可能です。
物置や納戸内にはコンセントを1つつけておくといい気がしますね。

そして主寝室の奥がこちら。

子供を間に挟んで川の字で寝ております。

南側に窓を設置しており、ここから日射を取得することができます。
また、2つの窓は開く方向がそれぞれ反対になっており、風向きに併せて外から外気を入りやすいくしております。

ただ、ぶっちゃけると通風のことを気にするよりも、もう少し大きめの窓を付けて日射取得を重視してもよかったような気がします。
(当然外付けブラインドや軒による日射制御が必要ですが)

一応、この部屋にもテレビアンテナを引っ張ているため、将来的に部屋で一人テレビを見て過ごすなんていうこともできるようにしています。
LANケーブルも通しているので、有線でゲームをすることもできるようにしています。

ただ、それらの出番が来るのはまだまだ先の話になりそうですが…。

終わりに

というわけで、今回でWeb内覧会も終わりです。

全5回でしたが、全体的に平凡な内装でしたしので、我ながらあまり面白みがない内覧会だったなーと感じております。(´∀`;)
最後もこんなあっさりですしね。

もう少し細かく説明したほうが親切ではありますが、あまり内装や間取りにこだわった部分がなかったものなので、淡白な感じになりましたね。
もし詳細が知りたい部分がありましたら、別途お問い合わせフォームやコメント、ツイッターなどでご質問ください。

とはいえ、Web内覧会の実施は引っ越してから心残りになっているものではあったので、何とか終わらせることができてよかったです。
こだわっていないといいつつも、やっぱり何かしら反応やコメントがあるのはうれしいもんですね。

#家系ブログを盛り上げる会は本当にモチベを上げるのにありがたい存在です。

しかし他の人のWeb内覧会を見ていると、もし終の棲家でも作ることになった際はもう少し見た目にもこだわってみたい気持ちになりますね。
まあ、そんなお金がないんですが。(;´Д`)

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Web内覧会
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました