アイ工務店は順調なようです

アイ工務店
スポンサーリンク

現在、家系ブロガーによるコラム投稿サイトに寄稿しています。
本ブログとは異なりこれから家を建てる人向けに書いていますので気になった方はチェックしてみてください。

403 Forbidden

 

 

最近、やりたいことが多すぎてブログのペースが完全に落ちてます(;´∀`)

ゲームもやりたい
アニメも見たい
読書もしたい
ブログも書きたい

時間がたりねぇ!
行動の断捨離が必要だと思いつつも、結局どれも捨てられないクロセでした。

では本編入ります。

今回はアイ工務店の経営状態についてです。

公式のブログをみるとちょくちょく新展示場オープンのお知らせが出ていますし、私の担当の営業さんからは北陸三県への進出など聞いていたのですが、実際のところ経営状態はどうなんでしょうかね?

家が建った後もアフターフォローがあるわけですから、やはりある程度はもうかっていてほしいわけで。
それに、1オーナーとしてもやっぱり愛着ありますしね。

そんなことを考えていたら、ツイッターにて朗報が入ってきたのでそれについてお話ししようかなと思います。

結論から言うと、アイ工務店は順調そうでよかったというお話です。

スポンサーリンク

ここ10年のアイ工務店は好調だったようです

ある日突然ツイッターにて、超がつくほどの高性能住宅を建てておりブログも書いているさぬきペンギンさんからこんな記事が飛んできました。
(文字にブログのリンクを張りましたが、面白いのでぜひご一読を)

なんとアイ工務店が10年間で住宅会社の売上高成長率1位になったそうです。
(売上であって利益ではないようだが)
1オーナーとしては大変うれしい!

記事内では今後の経営方針も書いていますが、アフターケアに力を入れるようですね。
また、新機軸事業として地場工務店のコンサル(システムの販売か?)的なこともやるようで。

単純に着工数を伸ばすだけでなく、いろいろな方法で売り上げ拡大を目指しているようですね。

我が家の保証のためにもぜひ末永く頑張ってほしいです。

売り上げ拡大は手放しで喜べるのか?

一方で、アイ工務店が拡大していくことに私は1つの不安を抱えています。
それはサービスの質が低下しないか?ということです。

事業を拡大していくと、当然業務が増えていくわけで。

アイ工務店は営業さんが担当する業務が多いようですが、この拡大によって一人一人に対するサービスが適切に行われるか不安ですね。

また、人も増やしていく過程で教育も行き届くのでしょうか?

アイ工務店はもともと他社から優秀な人材をヘッドハンティングすることが多いようですのである程度最初から教育されている人が入るのでしょうが、こんな声も聞きます。

クロセの場合は幸運にも素晴らしい営業さんが担当についてくれましたが、こういった声が増えていくのはやはりよろしくないと思います。

アイ工務店の仕様はコストパフォーマンスに非常に優れていると思いますが、どんなにいい建材を使っていても営業さんが施主の期待に応えられなければ台無しになってしまいます。

事業の拡大も大事ですが、足元もしっかり固めてもらいたいです。

余談ですが、アイ工務店はネットでやたらとたたかれている気がします。
営業さんいわく「ネットでのイメージに対策するお金がもったいないし、悪評を真摯に受け止めて改善に努める」とのことでしたが、他社と比較してもひと際あれている気がします。

全く関係ないハウスメーカで建てた人のブログでいきなりアイ工務店の悪い噂みたいのが書かれていたときは、妨害工作されているのかとも思いました。

ある設計士(?)だかのブログでは、ことあるごとにローコストメーカたたきの対象にされてましたね。
(ローコストでいえばタマホームのほうが知名度高い気がするんですが…よっぽど恨みを買ってるんだろうか?)

妨害工作なのか本当に評判が悪いのかは知りませんが、逆境にも負けずに頑張ってもらいたいです。

終わりに

今回はアイ工務店が順調なようでうれしかったという記事でした。

正直なところ、アイ工務店はもう少しこうしてもいいんじゃなかろうか?と思うところはちょくちょくあるのですが、完璧を求めようとすると今度は価格が高くなりますからね…

大手並みの性能を大手より安い価格という売り文句を忘れずに、質の良い家を提供していってほしいです。

頑張れ!アイ工務店!

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アイ工務店
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました