アイ工務店での窓変更を考える

スポンサーリンク

8月になり梅雨も明け、急に暑くなりましたね。
ここ、京都は特に暑いようで最高気温は30℃後半にも上がっています。いや~暑い。

あ、全然関係ない話ですがカップヘッドを積みゲーしているのに、
FE風花雪月をついついポチってしまいました。( ´艸`)
だって評判いいんだもん…

では本編行きます。今日はアイ工務店での窓変更について考えてみましょう。

アイ工務店の窓について

アイ工務店では窓サッシがオール樹脂だとYKKAPのAPW系列、
樹脂アルミ複合だとLIXILのサーモス系列(サーモスXだったはず)が使用されており、
標準だとペアガラスです。

クロセは今回オール樹脂を希望しましたのでAPW系列になります。
やっぱり高気密・高断熱を目指しているならここは妥協したくないですよね。

ちなみにサーモスも悪い窓ではないですよ。
枠部分がかなり小さいのでスタイリッシュですし、
サーモスXなら複合サッシでもかなり性能がいいです。

では早速APWのグレードアップ費を見ていきましょう。
ちなみにそれぞれサイズによっても違いますし、店舗や時期によっても変わりますので、
あくまで参考ということでよろしくお願いします。
工務店に迷惑が掛からないように価格はちょっとぼかして書きます。

APW330(樹脂スペーサー・ペアガラス) ⇒ APW330(真空トリプルガラス)によるコストアップ額とUA値への影響

グレードアップをした場合の費用を以下のようにまとめました。
縦すべり窓 約40000円強アップ
FIX窓    約35000円強アップ
引き違い窓 約90000円強アップ
掃き出し窓 約85000円強アップ

全て1か所ごとの上昇額です。
クロセの場合は全ての窓変更合計40万強かかりました

窓の合計金額は以下です。
ペアガラス:70万強
トリプルガラス:110万強

約65%の価格アップです。

そして上記変更による熱貫流率は縦すべり窓で1.31⇒0.99で25%の性能アップです。
単純に価格性能比でみるとあまりよくないですね。

では次に窓を変更することによりUA値がどの程度変わるかを考えてみましょう。
ここからはフェルミ推定も真っ青スーパー概算で行きますので、
現実とのずれはめちゃくちゃ大きいと思います。ご容赦ください。

まず変更前のUA値ですが、アイ工務店の設計するZEH仕様だとおおよそ0.55になるそうです。
なので仮に家の全体のUA値は0.55としておきましょう。

次に窓変更による家のUA値への影響を考えます。
下に熱の出入りイメージを貼りますが、一般的に開口部からの熱の出入りは6割程度です。
家の断熱に窓がどれだけ重要かわかりますね。

熱の出入りイメージ by homes

実際には玄関のドアも開口部に当たりますので、その分は外す必要がありますね。
ということで、超ざっくりと5割程度が窓の影響によるものとしましょう。

上記に従うとUA値の0.55のうちの5割、つまり0.55×0.5=0.275が窓のみのUA値になります。

そして前述したとおり真空トリプルガラス仕様にすることで、性能は25%アップします。
性能が25%アップするということは、UA値が25%カットされます。

上記に従うと窓の変更で窓のみのUA値は0.275×(1-0.25)≒0.21程度になります。

そしてこの窓のUA値をその他のUA値である0.275と足すと、
窓変更後の家全体のUA値が出ます。
つまり窓変更後のUA値は窓のUA値+その他のUA値=0.21+0.275≒0.48程度になりますね。

家全体のUA値は窓の変更により0.55⇒0.48となり、性能は13%程度のアップです。
こう見るとますますコスパが悪く見えますね(;´Д`)

ただしこれぐらいのグレードアップなら、おそらく断熱材の厚みを増やすよりも
コスパはいいと思います。

APW330(樹脂スペーサー・ペアガラス) ⇒ APW330(真空トリプルガラス)によるエアコン料金への影響

次に上記の性能アップによってエアコン料金がどの程度変わるか概算しましょう。
ちなみにこれを計算するにあたりさとるパパ様の下記ツールを利用させていただきました。
ありがとうございます。

https://www.2x6satoru.com/article/q-ua-calc.html
Q値⇔UA値換算ツール

https://www.2x6satoru.com/article/q-ua-calc.html
暖房負荷から必要なエアコン能力(kW)を計算するツール

まず変更前後のQ値を換算ツールで計算します。
変更前:1.9 変更後:1.7

次に部屋の各値を以下のように仮定します。
C値:1.0(アイ工務店のカタログ値) 部屋の床面積:120平米(クロセ家の延床面積)
設定温度:24℃          年間の最低気温:0℃(京都の最低気温)

上記条件でエアコンの必要スペックを計算すると以下の値になります。
変更前:5.76kW 変更後:5.18kW

これを満たすために必要なエアコンは下記になります。
今回はアイ工務店のZEH用エアコンである富士通のノクリア系列からXシリーズを選んでいます。
変更前:AS-X56J2  期間消費電力量:1922kWh
変更前:AS-X56J2  期間消費電力量:1736kWh

上記の期間消費電力量とは、1年を通して冷暖房が必要な時期に使用した時の消費電力量
富士通が独自のモデルで実験した時の値だそうです。詳しくは下で見れます。

エアコンの上手な選び方 エアコン - 富士通ゼネラル JP
富士通ゼネラルのエアコンの上手な選び方ページです。

ではこれを電気料金に換算してみましょう。ここでは1kWhを25円で換算してみます。
この条件で計算をすると年間のエアコン料金は以下のようになります。
変更前:1922kWh×25円=48050円
変更後:1736kWh×25円=43400円
つまり窓変更によって得られる年間のコスト効果は4650円です!
今回グレードアップにかかった金額は40万ほどなので元を取るには
400000/4650≒で86年かかる計算になります。もとは取れないですね。(;^ω^)

ただし、上記はあくまでコストだけで考えた場合であり、
実際には断熱性向上によって家の快適さはかなり変わると思われるため、
そこにお金を出せるかどうかという話になります。
クロセはやっぱり嫁と子供に快適に家で過ごしてほしいという気持ちがあるので、
これは必要経費だと考えています。

APW330(真空トリプルガラス)⇒APW430の場合は?

まずAPW330(真空トリプルガラス)からAPW430の変更時の金額は以下のようになります。
縦すべり窓 約10000円強アップ
FIX窓    約500円強アップ
引き違い窓 約60000円強アップ
掃き出し窓 約150000円強アップ

クロセ家の仕様では窓の合計額が以下のようになります。
APW330(真空トリプルガラス):110万
APW430:180万

窓の合計金額がこれまた約60%の向上になります。

掃き出し窓の変更額がべらぼうに高いんですよね。
なのでクロセは掃き出し窓だけ変更を見送っています。
一方でFIX窓は超安い。これだけは金出す価値があるといえる。
ただし、計算面倒なので今回は全て変更したという前提で計算します。

上記変更による熱貫流率は縦すべり窓で0.99⇒0.91で8%の性能アップです。
微々たるものですね。ここまでくると正直趣味の領域でしょう。(-_-;)

家全体のUA値は先ほどと同じ計算で下記のようになります。
変更前:UA=0.48
変更後:UA=0.46

このあたりからはもう断熱材の厚みを増やしたほうがコスパがよさそうですね。

そして上記値からエアコンを選択するわけですが、算出される必要暖房能力が
ほとんど変わらない
ので、エアコンも同じものを使うことになるでしょう。
そうなると、富士通のページに掲載されている期間消費電力量が同じになってしまいます。

実際にはUA値が改善され、同じ機種を使用しても多少は消費電力量が減ると思いますが、
その差は微々たるものであり、ほとんど差はないといえます。

というわけで、ここまでくるとコストメリットを得ることは厳しいといえます。

一応補足ですが、上記は断熱だけで考えておりますが、APW430はガラスの色を変えることで、
場所ごとに最適な日射取得・遮蔽を得ることができる
というメリットもあります。
また最初に言った通り仮定だらけの概算のため、現実にはどうなるかわかりません。
考えられるだけでもまず窓の影響度はちゃんと面積出して比率出すべきだし、
窓ごとに違う熱貫流率も調べるべき。
他にも突っ込みどころ満載の計算です。
あくまで参考程度にしておいてね。( ´∀`)

結論

ばーっと計算してわかったのは以下の感じですかね。
APW330のペアガラスからトリプルガラスへの変更は、元を取れるほどコストメリットはない。
 ただし、快適さにはそれなりに効果がある
APW330トリプルからAPW430への変更はさらにコストメリットも快適さも薄くなり、
 断熱材の厚みによっては、そちらを強化したほうがコスト効率よく断熱性を強化できる。
 特に掃き出し窓はAPW430にした時のコストが大きすぎるのでお勧めしない。
 FIX窓だけは安くグレードアップできるのでお勧め。

ちなみにですが、一番コストメリット高いのがアルミサッシ⇒樹脂サッシの変更だと思います。
これも実際に計算しないとわかりませんがね。
とりあえず標準でアルミサッシの場合、できればオール樹脂、少なくとも複合サッシに
変更を推奨です。アイ工務店では標準でオール樹脂を選べるのでそこは問題ないですね。

というわけで、アイ工務店でオール樹脂窓を変更した時の考察でした。
他の店舗やメーカだと、掛け率がまた変わってくるので同じようにはならないですが、
窓選びの参考になればと思います。

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アイ工務店
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました