1年点検が終わりました

アイ工務店
スポンサーリンク

現在、家系ブロガーによるコラム投稿サイトに寄稿しています。
本ブログとは異なりこれから家を建てる人向けに書いていますので気になった方はチェックしてみてください。

403 Forbidden

 

 

先日、クロセ家にもやっと自家用車がやってきました。

こちらに引っ越してからはずっと歩きか自転車の生活でしたが、そこまで交通の便がいい場所ではないこともあり、行動範囲を広げるために買っちゃいました。

といっても、お金がないので新車ではありませんが。
(;´∀`)

中古、5年落ちの上に修復歴がありというなかなかな一品です。
ATな上に軽自動車なのにハンドルにパドルシフトついててビビりました。(一応マニュアルで操作は可能)

とはいえ、中はきれいだし、においもないので快適です。
息子も満足そうでした。

まだまだコロナの影響があるので好き勝手はできないですが、ひとけがない広場にでも繰り出そうと思います。

では本編入ります。

先日、1年点検がありました。

なんか自分の中ではすでに数年済んだような感覚なんですが笑
やっと1年経過したくらいなんですね~。

というわけで、今回は実際にどんな点検をしたか書こうと思います。

ちなみにですが過去には3か月点検の様子も書いていますので、気になった方は下記記事を参照してください。

では早速書いていきます。

スポンサーリンク

点検までの流れ

3か月点検の記事に書いていますが、点検までの日時が近くなってきたら点検会社(アイ工務店ではなく委託業者)から連絡がかかってきて、希望の日を決定します。
(確か電話かメッセが飛んできた)

点検の内容

まずは3か月点検同様に外側の点検からスタートです。
壁、雨樋、屋根、排水桝などを点検してもらいました。

このとき、排水桝きれいですねといわれました。
ちょうど年末に掃除したからな!
放置して詰まらす人は結構いるようなので、皆さんも時々でいいからお掃除しましょうね!

次に家の中の点検ですが、今はコロナの影響で家の中を触ることを避けるように指示されており、建具や窓の動きなんかはクロセが動かして問題ないかを確認することになりました。

火災報知機もチェックしていただきましたが特に問題なし。
しばらく放置していると電池切れになることもあるので、今後は自分で1年ごとに報知機のボタンを押してチェックしておくといいとのことでした。

また、前回は確認しなかった床下の点検をしていただきました。
…が、ここで面倒なことが発生。

以下は生活感たっぷりなクロセ家のパントリーです。

問題はこの棚でして、床と天井で突っ張っております。
そして床は点検口のところで突っ張っているのでそいつを解除する必要がありました。

しょうがないので前日に棚の物を非難させて、突っ張りを緩めてどかしました…
皆さんも点検口の場所には注意しようね。
(;´∀`)

床下の点検では主に水漏れのチェックをするようです。

施工が甘いとこのタイミングまでに水漏れが発生するようですが、このタイミングで水漏れしていなければ今後しばらくは問題ないとのことでした。

壁紙も見てもらいましたが特に今回は浮いたり隙間ができるということはありませんでした。
ちなみに構造躯体に関する瑕疵は10年まで保証がありますが、内装は2年までのようですので、もし何か不具合が見つかったらメモしておきましょう。

ただ、壁紙や床の不具合は時間がたってから発生する例が多いので、下手にこまめに修正するより2年経たないくらいのタイミングでまとめて実施してもらったほうがいいでしょう。

ですので営業さんに「しばらく様子をみてください」といわれたらそういうことだと思っておけばOKです。

今回の点検はこんな感じでした。
前述の通り、コロナを考慮して3か月目点検より手短に終わりました。

時間にして1時間もないくらいですので、その前提でスケジューリングしておいてください。

終わりに

今回は1年点検について書きました。
結果は特に問題なしとのことでほっとしています。

改めてアイ工務店および我が家の建築に携わった皆さんに感謝します。

1年点検も基本的には3か月点検と作業量はほとんど変わりません。
床下点検はあるのでそこはみられるように準備しておいてください。

しかし気づけばもう1年なんですね。
1年住んでいて色々とわかってきましたので、次回からは自分の家に1年住んで感じたことを色々と書き起こしていこうと思います。

では。


クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アイ工務店
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました