外構工事の打ち合わせ③~コストカット結果は?~

外構工事
スポンサーリンク

今回は久々に家の見積もりについてもお話になります。

本当はもう少し早くに記事を書く予定だったのですが、理由があって外構の担当さんと打ち合わせをするのが遅れてしまいました。

それは先日のこと、いつもの打ち合わせに使う喫茶店で担当さんを待っていました。
しかし、予定の時間を1時間過ぎても電話もありません。

外構工事の本社にも連絡しましたが、本社からもつながらないとのこと。
この打ち合わせの前日が台風の日だったのですが、もしや何か事故に巻き込まれたのだろうかと少し心配になりました。

結局、その日は待ち合わせの喫茶店を後にして家に帰りました。

そしてその日、外構の担当さんから電話があり、事故じゃないことがわかりホッとしました。

( ´∀`)「いやあ心配しましたよ。一体なにがあったんですか?」
外構担当「すみません、警察に捕まってしまいました。」

こんな時大抵の人は何やってんだと怒ることでしょう。
クロセは爆笑してました。
ついでに嫁も爆笑してました。
いや電話くるまでは心配してたんですけどね。

では気を取り直して、今回は外構の見積もりのお話です。
前回の記事はこちら。

今回の外構案

まず比較のために前回の外構案を示します。

車の門扉には自動の跳ね上げ門扉を、玄関前には門扉があるクローズ外構です。
掃き出し窓の前はウッドデッキ、家の前全体をコンクリート仕上げにしていました。
しかし、この案ではちょっと費用が大きすぎたので今回はコストカットをしていただきました。

コストカット案①

車の門扉は手動で開く伸縮タイプのものに変更。
人が通る門扉を小さくし、間は柱や植栽で埋めることでアクセントを付けつつコストダウン。
更に、駐車場のコンクリートを減らし、その部分は砕石を敷く形にしました。
デッキもウッドデッキからスタンプコンクリートのデッキに変更。
デッキ前には今回フェンスを追加してもらいました。
全体的にコストは下がりましたが、見た目は前よりも色が豊富でいい感じになった気がします。

コストカット案②

こちらはオープン外構の提案です。
家の前の門扉類は全てなくし、門柱だけは階段横に設置しています。
玄関前のアプローチは砕石と飛び石の組み合わせるでコンクリートの範囲を減らしています。
クローズ外構のほうが高級感がありますが、こちらは全体的に解放感がありますね。
コスト的には案1よりさらにコストダウンです。

スポンサーリンク

見積もり比較

次に見積もりの比較です。

前回の案はおおよそ285万とかなりの高額になってしまいました。
原因としては自動の跳ね上げ門扉とウッドデッキが高額であり、2つ合わせて120万くらいの見積もりです。
というわけで今回はその2つを重点的にコストカットしてもらいました。

コストカット案①

ウッドデッキはスタンプコンクリートのデッキにすることで50万から30万くらいになりました。
自動車用門扉も自動跳ね上げから手動の伸縮式にすることで70万から30万くらいに。
その他コンクリートの打設面積小さくしたり、人用の門扉を小さくしたりしてコストカット。
ただ、デッキのフェンスを追加したので、その部分は少しコストアップです。
また、概算とされていた部分もなんかコストアップしてました。
これで出てきた見積もりが約230万でした。
50万ほどコストダウンされましたがまだ高いなあという印象です。

コストカット案②

ウッドデッキを同様にスタンプコンクリートに。
また、外側のフェンス類は全部撤去したので①より更にコストダウンです。
玄関前の階段も一部を植栽にすることで若干費用がコストカットされています。
玄関とデッキへのアプローチもコンクリートを砕石にして飛び石風に。
これで出てきた見積もりが約195万円でした。
初期案からだいぶ安くなってきましたね。
ただ目標額は150万くらいだったのでちょっとそこからは遠いっすね。

地味に高いなと思ったのが手すり。これだけで10万近く取られてる。
機能門柱も安くないんですよね。施工費含めて16万近く取られてます。
あとデッキのフェンスが8万くらい。
これら3つで34万くらい。税込みで37万くらいですね。
150万にするにはこれらをあきらめるぐらいしないといけないってことですね。

終わりに

営業さんはもう少し価格は頑張ってみますといってましたが、さてさて次回打ち合わせでどうなることやら。

ちなみにクロセは基本的に極端な値引きをさせるつもりはありません。
ぼられてる可能性もあるんですが、結局不自然なほどの値引きはどこかしらに負担をかけていると思うんですよね。

仕事に対しては正当な報酬を払われるべきというのが私自身の信念ですので、よほどぼられている様子がなければまあいいかって思っています。

自分はその道の専門家ではないので、適正価格かという部分は判断しがたいですが、一応ネットで相場を確認するようにはしています。
今回はまあ割と相場ぐらいの見積もりっぽかったです。

それとは別に、工夫で安くできませんかというのは聞いていますけどね。

強引な値引きで怖いのは手抜きされたり粗悪な材料使われてないかというところ。
コンクリートのワイヤーメッシュが入っていないとか、整地が雑とか嫌じゃないですか。

あと単純に働く人のモチベーションの問題。
気持ちの入っていない、いい加減な仕事はされたくないという気持ちですね。

そのバランスを取るのがなかなか難しい。
ハウスメーカの仲介料もあるはずですし。うーん悩む。

外構って最後の最後で話が出てくるので、もうコストカットモードに入りますよね。
もう少しお金があれば余裕を持った外構ができたんですけどね…(;´Д`)

とりあえず、外構のために200万ぐらいお金は残したほうがいいよとは思いました。

では。

クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

外構工事 注文住宅日記
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました