直撃インタビュー!営業さんに聞くアイ工務店の経営方針

アイ工務店
スポンサーリンク

前回の記事で地鎮祭に関して記事にしましたが、
今回はその後の打ち合わせの中で聞いたお話です。

営業さん「クロセさん、こちら最終仕様ですが確認お願いします。」
( ´∀`)「はい。え~と…窓の値段が30万円ほど高くないですか?
営業さん「え~と…あ、確かに一部高いグレードで見積もられているので修正しますね。」

そんなほがらかな会話が繰り広げられるお昼前。
一通り必要な会話が終わるとふとクロセがこんな質問を1つ。

( ´∀`)「クロセの家を担当する大工さんってアイさんの仕事に慣れている人ですか?」
営業さん「はい、今回お願いする人はすでにうちの施工に慣れている人です。」

そんな質問から会話が広がり気づくと営業さんの熱い演説に発展。
ちなみにこの前日まで営業さんは体調が悪かったらしく、
本来最終確認の予定は前日でしたが、
急遽点滴を打ちに行っております。

にもかかわらず最後までいろいろ熱くお話してくれた営業さん。
大変ありがとうございます。

そして・・・すんませんでした!(;´Д`)

今回はそんな中で営業さんが語ってくれたアイ工務店の経営について、
お話したいと思います。

創業は10年程度と若いアイ工務店

アイ工務店についてはまだ知らないという人も多いともいますが、
それもそのはず。

この会社は10年ほど前に創立したばかりの会社であり、
そこから急激に勢いを伸ばしてきた会社です。

その成長ぶりはすさまじく、
ある時期には3年連続で成長率No.1を取ったほどです。

社長はミサワホーム→アキュラホームと転職した後に、
このアイ工務店を創立しておりますが、
アイ工務店がスキップフロアや蔵を得意とするのは、
もともとその2社での経験があるためですね。

また、創立時には各会社の優秀な営業をヘッドハンティング。
そうすることで家を売ることに優れたメンバーを集めつつ、
様々な会社の知識、情報を集めていったわけですね。

そんなメンバーを集めたことに加えて、
高性能を適正価格でという経営方針が今の時代にマッチし、
彼らの契約は日に日に増えていくことになります。

急成長するアイ工務店だがその裏では…

前述のように急成長を続けているアイ工務店。

しかしながら急成長をしていく裏では、
大きな問題を抱えることになります。

そう、人手不足です。

アイ工務店は優秀な営業を集めて創立した会社であるため、
彼らの実力によって契約数、着工件数は日に日に増えていったそうです。

特にクロセを担当してくれた営業さんの店舗は、
現在その展示場では大手ハウスメーカを抑えて
トップクラスの売り上げを誇るほどの業績です。

アイ工務店はローコストゆえに人手を削減し、
その分を営業がいろいろと担当するという戦略を取っているため、
契約数の急激な増加による負担は非常に大きいです。

加えて近年は下請けの大工も減少傾向にあり、
契約が増える一方で、アイ工務店の施工に慣れた大工を確保することに
かなり苦労されていたようです。

一時は急成長のためにと臨時で雇った大工さんもいたようですが、
アイ工務店のやり方に慣れておらず、
クレームが来てしまうとのことでした。

更には家は建てて終わりではない。
建てた家にはアフターフォローも必要になるため、
それらを管理する必要があります。

売り上げ自体は急激に伸びたものの、
その反動で落ちかけていたブランド。

その中でアイ工務店が選んだ道とは…?

勇気の選択

さて、前述のように急成長を遂げてきた一方で、
人手不足による問題が出てきたアイ工務店。

そんな中で彼らが取った選択は
成長を緩やかにするというものでした。

アイ工務店は株式会社です。
上場こそしていないものの、
やはり出資者からは成長を望まれたことでしょう。

しかし、アイ工務店はあえて契約数をセーブし、
1件1件のクオリティーを上げるという選択をしたのです

こうして成長を緩やかにすることで、
アイ工務店の施工に慣れた大工を増やしていき、
クオリティーを落とさずに成長をするための基礎を固めているようです。

業績を維持するというのはある意味で成長よりも大変です。
成長をしている間は自然にモチベーションが湧いてきますが、
維持している時はなかなか気持ちがのらないものです。

加えて、前述のとおり出資者からのプレッシャーもあると思います。

そういう中で、成長を緩やかにして地盤を固める
という方針に切り替えたアイ工務店に私は称賛を送りたい。

終わりに

今回の話は全て営業さんから実際に聞いた話ですが、
あくまで私の営業さんに聞いたお話ですので、
もしかしたら他の支店では微妙に方針が違うかもしれません。

ただ、改めてアイ工務店の家に対するこだわりみたいなものが見えて、
安心して施工をお任せできるという風に感じました。

工務店から見たら何千何万ある家の一つに過ぎないですが、
私たちからすれば唯一といっても過言ではない家ですからね。

あえて歩みを緩やかにし、1件1件を大切にするその気持ちを
メーカ側には常に持っていただきたいものです。

しかしこう見ると…なんか自分がだんだん
アイ工務店の信者になっていってる気がする。(´∀`;)
まあけど自分が選んだメーカだから好きになるのは仕方ないよね!

では。


クロセのやる気スイッチです。
押していただけるとクロセのモチベーションがアップします。

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ
にほんブログ村

アイ工務店雑記
スポンサーリンク
シェアする
クロセをフォローする
ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました